よくある質問

よくある質問

ATOCHIKAについて

Q 土地に関係がなく地下室が作れるの?
A 作れますが、地盤が岩盤の場合や地下水位が高い場合等、悪条件下ではコストがかかりすぎる為お勧めしておりません
Q 地下室の広さや高さはどのくらい作れるの?
A 高さは3m・広さは1階同等面積ですが条件に依ってはこれ以上の高さや広さが作れますので一度ご相談下さい
Q 地下室内のデザインは自分で決められるの?
A デザインは別途設計会社に依頼して頂いて構いませんし、ご自分でお考えになるのも構いません
Q 見積りから地下が使えるようにはどのくらいかかる?
A 現場調査~見積提出2週間・見積提出~設計~契約迄3週間・着工~躯体完了4ヶ月・内装1ヶ月で合計半年位かかります
Q 地下室は法律的に問題ないの?
A 平成6年6月の法改正に依り住宅地下室の延床1/3まで容積不算入となりましたので範囲内であれば問題有りません
Q 湿気は大丈夫?換気はどうなっているの?
A 換気設備は整えます。気温は地下部の方が安定していますので空調コストは安価で済みます
Q 室温は一定なの?
A 一定ではありませんが夏は外気最高気温より3~10℃低く、冬は外気最低気温より7~10℃高いです
Q 地震に強いの?
A 鋼管杭を岩盤層まで打込み補強をしてからの工事になりますので地震時の住宅の傾きや倒壊の補強となります
Q 台風や豪雨となった場合の水の流れは?
A 現場の廻りの環境を考慮してドライエリアの形状や排水ポンプの容量等を検討して安心・安全を考えて施工してまいります
Q 室内の水回りはどうなっているの?
A 地下部分の水廻りはコスト高になる為にお勧めしておりませんが必要な場合はお受け致します
Q 日当たりの確保はできるの?
A 土地形状や近隣状況に依りますので一概には回答致しかねます
Q 災害時の避難経路は1箇所だけ?
A 基本的には内階段・ドライエリア階段の2ヶ所をお勧め致しますがコストが掛かる為お打ち合わせにて決定しています
Q 室内の壁やメンテナンスはどのくらいの頻度で必要?
A 殆ど必要有りません

 

工事について

Q 地下工事予定の場所に物があった場合、どのくらい工事用スペースを空けておけばよいの?
A 最低限5m×2.5mのスペースが必要となります。車や自転車は工事中は置けませんが完成後ドライエリア上に駐車可能です
Q 工事時の騒音、振動はどのくらい?近隣に迷惑はどのくらいかかる?
A 基本的にはミニショベルカーのエンジン音くらいですが施工期間中全てでは有りません
Q 工事の時間帯は?
A あさ8:00~17:00と致しておりますが近隣状況に合わせています
  • tel:045-532-9935
  • お見積り
  • ご相談